お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/10:00~13:00/14:30~20:00 土/10:00~13:00 14:30~18:00 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ

医院ブログ

小林一茶ブログ 医院ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

セラミックの素材とは?

被せ物をすることになった場合は、セラミックを利用することが結構あります。このセラミックについては、主に陶磁器などを採用していることが多く、これを100%を利用しているものはオールセラミックという扱いを受けることになります。荒川区の歯医者でも、色々な素材を組み合わせてセラミックを作っていますが、一番安心できるのはオールセラミックであり、変色なども起こらないようにするいい方法です。ただオールセラミックは高額になってしまうので、安い方法を模索することもあります。
メタルボンドなどを活用して、セラミックに別の成分を配合しているようなパターンを利用することも、実は行われていることです。これによって安い方法でセラミックを作ることが出来ますので、価格的な負担を減らすことが出来ます。結構負担を大きくする方法もありますので、なるべく安くしたいと思っているなら、荒川区の歯医者に相談してもらい、実際に安い方法を検討してもらうことが大事です。
他に使われている素材としては、ハイブリッドセラミックと呼ばれるものがあります。これはオールセラミックには使われていなくて、セラミックでも他の素材を配合することによって生まれているものです。純粋にセラミックだけを利用していないものですから、当然何らかの問題が起きてしまいます。ただ安さを持っていることがわかっているので、これから治療を受けたいと思っている方が、歯医者に相談しやすい方法です。
荒川区の歯医者でも、セラミックについては色々な素材を使うことがありますので、全てが同じもので作られることはありません。むしろ違う素材を使っていることによって、安心できる要素が生まれることもありますので、使われている素材については説明を受けるといいです。歯医者によってはあまり素材について説明をしないこともありますが、必ず説明をして問題がないようにしています。そして確実に治療を受けられるようにしており、これで安心できるようにしています。
セラミックは、オールセラミックの陶磁器だけを使っているものと、それに何らかの要素を混ぜているものに分かれています。この違いは価格的な影響もありますし、美しさに多少違いがあります。荒川区の歯医者では両方の治療を行っていますので、どちらの方法にも対応してくれるので安心できます。治療を早く済ませたいと思っている方にも、方法が複数あることで考えやすいことも大きなことです。

2017-08-20 00:20:52

コメント(0)

ホワイトニングの種類

荒川区の歯医者でも行っているホワイトニングですが、1つだけの方法で行っているのではなく、複数の方法が採用されているのです。多くの方法を知っていることで、よりホワイトニングを行えるようになったり、負担の少ない方法を活用できる可能性もありますので、色々な方法を知っているといいです。多く使われているものと、大きな作業を要することになるものに分かれますので、その療法を知っていることは大事です。
基本的に大雑把に分けると、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングに分けられることになります。荒川区の歯医者で行っているのがオフィスホワイトニングで、自宅で行うことになるのがホームホワイトニングとなります。どちらの場合もお金は必要となりますので、ある程度の負担を覚悟することになります。しっかりと治療を行っていくと、どちらでも綺麗にすることが出来ますので、ある程度綺麗になるように考えながら治療を受けていくといいです。
オフィスホワイトニングは、歯医者さんが用意している方法を利用することが出来る点もあり、非常に多くの方法を活用できる点が魅力となっています。その一方でお金がかなりかかってしまうこともあります。また人によってその効果の違いが変わってくることになりますので、もしかしたらあまり綺麗にならない方法があるかもしれません。荒川区でも多くのところが行っていて、色々な薬剤を使うことによって綺麗にしてくれます。
ホームホワイトニングは、歯医者さんが必要なものを用意してくれて、指示されているとおりに利用して綺麗にする方法となります。こちらも荒川区では行われていて、マウスピースを着用してホワイトニングに必要なものを入れます。これを繰り返していることで白くしていく方法です。綺麗にすることは簡単に出来るように思われますが、必要なものはかなり高額であることも知っておくことになります。そしてゆっくりとしか綺麗になっていかないので、時間をかけて行う方法です。
ホワイトニングを行いたい場合は、これらの2つを利用することになります。最近ではデュアルホワイトニングと呼ばれる、どちらも併用していく方法が使われていて、荒川区の歯医者でも用意していることがあります。併用する方法は相当高いですが、すぐに綺麗にできるチャンスを持っていることを考えると、短時間で行いたい方には向いています。お金に余裕を持っている人が行うことですので、負担なども考えて選ぶといいです。

2017-07-30 00:14:00

コメント(0)

入れ歯が合わない状態で放置すると良くない?

入れ歯はどんどん変化することが多く、削れてしまったり咬み合わせの悪さが生まれるようになると、結構大変になってしまうことが多いです。負担が強くなったことで、より食べることが難しくなっていたり、顎の痛みが増えてくることもあります。入れ歯が合わない状態で放置していることは非常に負担が強くなってしまうことが多くなりますので、放置することはなく荒川区の歯医者を利用していただき、修正することを行ってください。
直してもらう事によって、安心して食べられるようになります。放置していると顎の関節にも影響が出てきますし、咬み合わせが悪いことで変なところを噛んでしまうような、そうした状態になってしまうことがあります。あまり放置していることはいいことではなく、どんどん悪いように体調が変化することもあります。無理をしないでおかしいと思っているなら、歯医者へ入れ歯を持ってきてください。その状態を見ながら、荒川区にあるクリニックがしっかりと修正を行って、いい状態に戻してくれます。
最初は完全にフィットしているような状態になっている場合でも、フィットしなくなってくると大変な状態になり、ちょっとしたズレによってグラグラするような状態になることもあります。これは部分入れ歯でも同じことですし、総入れ歯だと尚更大変になってしまうこともあります。動かないように調整すること、フィットしやすいように戻しておくことは大切です。この作業を行っているのが荒川区の歯医者になります。
放置している人が、徐々に顎の関節に負担を感じたり、歯に残っている神経などがある場合は更に痛い思いをします。この痛みを我慢することは年々厳しくなってきて、もうこの痛みに耐えられないと思ってしまうことが多々あります。それを我慢していることで体調を悪くして、他の部分まで悪化させることは駄目なことです。荒川区の歯医者では、そうしたことが起こらないように、まずは入れ歯の状況をしっかりと見るようにして、問題が起きないように調整しています。
安心して生活が出来るようになれば、より多くの食事を行えるようになったり、もっと安心して生活できるようになります。歯医者に持っていくと、より綺麗にすることが出来ませすので安心できて、怖いところが減るようになります。荒川区には結構入れ歯の治療を得意としているところもありますので、そうしたところへ持っていくことで、より良い状態に出来ます。
 

2017-07-23 00:13:00

コメント(0)

歯周病予防のためのメンテナンス

荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンス治療も行っています。歯周病とは、歯と歯茎の間に歯石が溜まり、歯茎が腫れあがってしまいます。歯茎がはれ上がり、そして歯と歯茎の隙間が大きくなりますので、歯がぐらぐらとしてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまうというとても怖い病気です。荒川区の歯医者では、スケーリングや、検査などの治療を行っていますが、その後の歯周病メンテナンスも重視しています。
そこで、荒川区の歯医者で行われている歯周病のメンテナンスとはどういったものでしょうか。
まず、歯周病を治療するためには、歯周病の原因を取り除くことが必要です。
歯周病の原因となって知る菌を除去するということが、歯周病予防につながりますし、お口の健康を守ることにつながるのです。
このためには、定期的に荒川区の歯医者に通い、メンテナンスをする必要があるのです。
たとえば、最近の集団となっている歯垢ですが、深い歯周ポケットに入り込んでしまうと歯ブラシではとれなくなってしまいます。
また、歯の隙間や歯茎の磨きにくい部位などにも溜まってしまうと取り除くことができません。
このため、荒川区の歯医者で、歯科衛生士によるスケーリングでこれらの汚れを除去してもらう必要が生じてくるのです。
荒川区の歯医者では、専門的なクリーニングを行っており、スケーリングなどでこれらの歯周ポケットの歯石を取り除きます。
メンテナンスを行うためには、荒川区の歯医者で3~4か月に一回程度スケーリングを行う必要があるといえるでしょう。
歯周病の難しい面として、歯周病に一度なってしまった場合、溶けてしまった骨は元通りになりません。
このため、荒川区の歯医者で定期的にメンテナンスをしないと、再発してしまう可能性があるのです。
もしも、自宅でのブラッシングが不十分な場合、これらの細菌が再発し、再発してしまう可能性があるのです。
荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンスとして、スケーリングを行い、これ以上歯周病が広がってしまったり、あるいは再発しないように進行を食い止める治療を行います。
また、歯茎で少し腫れてしまっている部位などをチェックし、その部分を重点的にスケーリングしたりと、メンテナンスを行います。
荒川区の歯医者では、歯周病治療のメンテナンスもしっかりと行っていて、予防にも心がけています。
以前歯周病や歯肉炎になってしまったけれど再発が不安であるという方は、荒川区の歯医者で、しっかりとその後のメンテナンス治療を受けることが必要であるといえるでしょう。
 
 

2017-07-16 12:40:00

コメント(0)

ホワイトニングはどのくらいの料金がかかるか

荒川区の歯医者でホワイトニングをしてもらいたい、という方はとても多いようです。最近では雑誌などでホワイトニングが紹介されることも増えてきましたし、美容の一環としてホワイトニングをされる方も増えています。
そこで、荒川区の歯医者でホワイトニングを受ける場合、どのぐらいの料金がかかるのでしょうか。
まず知っておかなければいけないのが、ホワイトニング治療というものは健康保険が適用されません。
つまり、荒川区の歯医者でホワイトニングをしたとしても、全額自費負担となります。このため、一般的な荒川区での歯医者での治療よりも、少し割高になってしまうというのがほとんどであるといえるでしょう。
一般的な荒川区の歯医者の治療の場合数百円から数千円となります。しかし、ホワイトニング治療の場合には、数万円から数十万円の費用が掛かるケースもあります。
これは、荒川区の歯医者によっても費用は違いがありますので、どの程度違うのか比較してから通い始めることがおすすめです。
ホワイトニングの治療は、費用対効果で考えるととてもお得ですし、美容でもやってよかったと思っている人は非常に多いようです。このため、荒川区の歯医者で一度ホワイトニングをやってみるのもおすすめです。
また、ホワイトニングにも種類があることを知っておく必要があります。荒川区の歯医者で行われているのは、オフィスホワイトニングといって、歯医者で行われるホワイトニング治療です。ホワイトニングには、自分で行う治療である、ルームホワイトニングもあります。
荒川区の歯医者では、ホワイトニングの施術は歯科医師が行います。
高濃度の薬剤を使用し、そしてライトを照射してホワイトニングを行います。
この効果はとても大きく、効果も高いです。しかし、荒川区の歯医者でホワイトニングを行う場合、治療には2~4回程度の通院が必要となります。このため、その分ルームホワイトニングよりも費用は高く設定されているといえるでしょう。
また、白くなるのには個人差もありますので、通う回数が多くなる可能性もあります。このため、荒川区の歯科医院でもなるべく自分自身が通いやすい歯医者を選ぶことがおすすめであるといえるでしょう。
ホワイトニングは、自費診療となり、そしてオフィスホワイトニングの場合には、荒川区の歯医者での治療になりますので、少しルームホワイトニングよりも高くなるということを知っておくことが必要です。
 
 

2017-07-09 12:38:00

コメント(0)

入れ歯完成までの流れ

荒川区の歯医者で入れ歯を作ることを考えておられる人がいます。その中にはにどのような流れで入れ歯が作成されるのかを前もって知っておきたいという人もいます。このような疑問を心の中にしまっておく必要はありません。荒川区の歯医者はこの質問に対して丁寧に答えてくれます。もちろん口内の形や大きさ、そして歯茎の状態や歯並びなどが関係してくるために、入れ歯の完成までの細かな説明は、かかりつけの荒川区の歯医者にしか行えません。しかし入れ歯を作成するまでの大まかな流れは決まっています。
まず最初に行われるのは型取りです。顎に型取りの材料を流し込み、型を取ります。この型に合わせて入れ歯が作られるために、荒川区の歯医者はこの作業を慎重に行います。そして入れ歯をはめる予定となる顎だけの型を作るのではなく、上下の顎の型を作るのが一般的です。なぜなら顎と歯の模型を作り、作成した入れ歯をその型に合わせて調整する作業が後ほど行われるからです。その前にまずは出来上がった型から柔らかい素材でできた仮入れ歯を作り、それを患者の口にはめて嚙み合わせをチェックします。これらを基に荒川区の歯医者は入れ歯を作り、その後患者の口に装着します。そして微調整を加えていき、嚙合わせや付け心地を再度チェックしていきます。このよにして患者が心地よく使用できるまでに調整が行われたら、全ての作業は終了です。
もちろん荒川区の歯医者は入れ歯作成に入る前に、どのような素材で入れ歯を作りたいかを患者に尋ねたり、価格の説明を行ってくれます。また土台が必要となる場合、荒川区の歯医者はその種類と価格についても説明してくれます。基本的には天然歯に似たセラミックなど、入れ歯であることがわからない素材でできたものは保険適用外となり、価格は高くなります。また使用しているうちに、なんとなく入れ歯の付け心地が悪く感じてきたということもあります。そのようなときは荒川区の歯医者にその点を告げるべきです。合わない入れ歯を長期間使用していると、顎や歯茎に問題が生じることがあるからです。歯茎や顎の状況は、年齢を重ねるごとに変化していきます。そのため作ったばかりの入れ歯は心地よかったものの、使用していくにつれて付け心地が悪くなってしまうこともあり得ます。荒川区の歯医者は入れ歯を調整することも可能です。そのため何かおかしいと感じたら、すぐに荒川区の歯医者にその点を相談するべきです。
 

2017-07-02 12:36:00

コメント(0)

フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?

「フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?」
歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、むし歯にならないようにケアするべき場所です。そのため荒川区の歯医者が勧めるように、フロスと歯間ブラシを上手に使って汚れをかき出すようにしなければなりません。これら二つの道具はどちらも歯ブラシでは除くことができない歯の汚れを除去するためのものです。しかし荒川区の歯医者が述べるように、これらの道具を使用する場所はそれぞれ異なります。まずフロスですが、これは歯と歯の間に挟まっている汚れを除くためのものです。フロスを歯と歯の間に入れ、上下させて汚れをかき出します。
また歯と歯の間と歯茎によって囲まれた場所には、小さな隙間があります。ここに詰まった汚れをきれいにするための道具が歯間ブラシです。荒川区の歯医者が述べるように、歯並びがよくて歯茎が丈夫な人はフロスの使用がお勧めです。またフロスは細かなところにまで入り込むことができるために、定期的な歯磨きと併用してフロスでの清掃を行うことで、歯の健康を保つことができます。しかし歯並びが悪かったり、歯茎が痩せてきた人に対して、荒川区の歯医者は歯間ブラシの使用を勧めることがあります。
まず歯並びが悪いと歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすくなり、歯ブラシだけではそれを除くことができなくなります。そのためフロスによる清掃だけでは歯の健康を保つことが難しくなり、歯間ブラシでの清掃が必要となるのです。また荒川区の歯医者は、歯間ブラシがもたらすメリットが他にもあることを述べています。それは歯茎のマッサージです。歯茎がマッサージされることで血行がよくなり、歯周病の治療や予防が可能となります。そのため荒川区の歯医者は、歯並びの悪い歯周病患者に歯間ブラシの使用を勧めることがあります。
歯並びがよくても、年齢を重ねるごとに歯茎が痩せてくることがあります。そのため荒川区の歯医者は定期検診を行い、歯の状態だけではなく歯茎の状態を患者が理解することを望んでいます。歯茎は徐々に痩せていくために、自分では気づかないうちに歯間ブラシの使用が必要な状況に陥っていることがあります。そのためこの点をしっかりと理解しておくべきです。荒川区の歯医者は治療や検診のために訪れた患者に対し、歯茎の状態を正確に伝えてくれます。しかしむし歯がないからといって自分で適当な判断を下すべきではありません。何かおかしいと感じたら、すぐに荒川区の歯医者に相談し、状況を確認するべきです。荒川区には優秀な歯医者がたくさんいますので、歯茎の状態を見極めてふさわあしいアドバイスを与えてくれます。
 

2017-06-25 12:34:00

コメント(0)

セラミック治療って何?

荒川区の歯医者で、セラミック治療を考えているという方も多いといわれています。虫歯治療というと、以前までは、金属の詰め物やレジンと呼ばれる詰め物をするのが一般的でした。これらは、荒川区の歯医者で一般的な保険診療で詰めることができる詰め物となります。
しかし、最近では、金属アレルギーを引き起こしてしまうことも多く、荒川区の歯医者では自費診療を受ける方も増え続けています。そこで、人気なのがセラミックです。セラミックというのは歯科材料の一つで、自費診療をすることで、こちらのセラミック治療を受けることができるのです。
こちらのセラミックという材料は白くて耐久性に優れているという特徴があります。荒川区の歯医者で治療をした際に、詰め物が金色なのは目立ってしまって審美的に困る…という患者さんは意外と多いようです。
しかし、セラミックの場合、白い詰め物であるため、虫歯であることがほとんどわかりません。審美的に非常に優れており、荒川区の歯医者でセラミック治療を希望される方はとても多いといわれています。
さらに、セラミックは強度が高く、保険診療内で詰めることができるレジンよりも、強度があるというのが特徴です。
荒川区の歯医者では、虫歯治療の際にレジンを詰め物として詰めることができます。しかし、レジンという歯科材料は、長時間使用することによって、黒ずんでしまったり、へこんでしまったり匂いを吸収しやすいという特徴があります。
しかし、セラミックの場合、長時間使用したとしても、その白さを保つことができます。
また、黒ずむこともありませんし、耐久性も高いのが特徴です。
荒川区の歯医者では、奥歯は金属の詰め物になるのですが、セラミックの場合は、白いため、ほとんど詰め物が目立ちません。このため、荒川区の歯医者での治療は、セラミックでの治療を求める方も多いのです。
しかし、セラミック治療の場合、健康保険が適用されません。このため、自費診療となりますので、数万円~の費用が必要となります。一本の場合は、それほど効果ではありませんが、数本の治療となると、数十万円という費用が掛かることも珍しくありません。
しかし、荒川区の歯医者では、目立つ部位が虫歯になってしまった場合には、セラミック治療をお勧めしている歯医者も多いです。
セラミックは見た目も美しく、審美面で優れており、耐久性も非常に高いという特徴があります。このため、荒川区の歯医者でも目立つ部位の虫歯治療などで使用されることが非常に多いのです。
 

2017-06-18 12:32:00

コメント(0)

自費の補綴と保険の補綴では使う材料から違う?

荒川区の歯医者では、保険内での治療である保険診療と、自費での治療の自費診療があります。荒川区の歯医者では、歯科治療を保険内で済ませるか、または自費診療を行うかということを患者さん自身で選択することができるといえるでしょう。
荒川区のどの歯医者でも、自費診療は行っており、その歯医者によって費用などもそれぞれ異なっています。
しかし、荒川区の歯医者での自費での補綴、保険での補綴の場合、どのように違うのかわからない…とという方も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、自費での補綴と、保険の補綴では、使う材料から異なるのです。
荒川区の歯医者でも、自費での補綴と保険の補綴では、材料も異なりますし、治療の方法も少し異なっています。
まず、荒川区の歯医者の保険治療ですが、使用する材質というものが定められています。
このため、金属製のいわゆる銀歯、もしくは歯科用プラスチックであるレジンしか使用することができません。
前歯の場合には、金属製のフレームを使った、かぶせ物であるレジン前装冠などを使用することが多いです。
しかし、荒川区の歯医者で保険診療で治療をする方は多いですが、金属アレルギーの方は、要注意であるといえるでしょう。
補綴で使用される金属というものは、非常に耐久性は高いです。
しかし、長時間使用することで、その金属が溶け出してしまい、金属の原料が原因で、金属アレルギーを引き起こしてしまうケースがあるのです。
このため、最近では、荒川区の歯医者でも自費治療を受ける方も多いといわれています。
自費診療の場合、使用できる材料は制限がありません。このため、金属だけではなく、セラミックといわれる審美性の高い材料や、硬くて強度のあるジルコニアという材料を使用することができます。
これらの材料は、耐久性が良く、そして審美性も高いのが特徴です。目的に合ったものを予算に応じて自分自身で選ぶことができるというのが特徴なのです。
さらに、荒川区の歯医者では、インプラントの治療だったり、入れ歯治療にも、自費治療を取り入れています。自費診療の場合、使う材料から全く異なりますので、高度な治療ができるということも大きな特徴です。
審美面に悩みがあるという方や、もしくは強度の高いものにこだわりたいという方は自費診療を受けることがおすすめです。最近では、審美歯科だけではなく、荒川区の一般の歯医者でもこういった自費診療を行っているという歯医者は増加しています。
 

2017-06-11 12:11:00

コメント(0)

歯周病治療の種類

荒川区の歯医者で、歯周病治療を現在行っているという方も多いといわれています。歯周病は、とても多いといわれており、老人の方にも歯周病で悩んでいる方はとても多いです。一度歯周病になってしまうと、最悪の場合はがすべて抜け落ちてしまったりと、歯を失ってしまうリスクがあります。このため、早いうちに歯周病治療をする必要があるといえるでしょう。
そこで、歯周病治療にはどのような治療方法があるのでしょうか。
まず、荒川区の歯医者で行われている歯周病治療には、スケーリングがあります。スケーリングとは、歯と歯茎の間の隙間に超音波スケーラーという器具で超音波を当て、歯石を破壊するという治療になります。荒川区の歯医者では、スケーリングが主な治療方法であり、歯周病治療だけではなく、歯周病の予防としても効果が高いです。
荒川区の歯医者では、歯周病治療として、定期的にこのスケーリングを行うことを推奨しています。
荒川区の歯医者では、スケーリングに定期的に通っている患者さんもとても多いようです。
また、歯周病治療の一環として、歯磨き指導などがあります。
荒川区の歯医者では、歯周病予防や、歯周病治療のために歯磨き指導を行っています。歯磨き指導を行うことで、歯周病になりやすい歯の周辺を上手に磨くことができるようになり、歯周病ケアをすることができます。
荒川区の歯医者では、主に歯磨き指導を行っていますが、歯と歯茎のところにしっかりと歯ブラシを当てて磨くことで、かなり歯周病を改善することができるのです。
しかし、荒川区の歯医者でも進行してしまった歯周病を根本的に治療することはできません。
歯が抜け落ちてしまってから対処をすることができませんので、やはりそうなる前に事前にケアや治療が必要となります。
歯周病が進行してしまわないように、歯茎から血が出てしまったり、歯茎がはれ上がってしまった場合には、まずはスケーリングを行うことが必要です。
荒川区の歯医者では、歯周病にならないため、歯茎の深さを測り、そして歯茎のケアを行います。定期的に検査をすることで、歯周病となってしまわないための予防ができるのです。
もしも、歯周病になっていないか不安であるという方の場合は、荒川区の歯医者で一度定期検診を受けてみることをお勧めします。
また、歯茎のスケーリングを定期的に受けることによって、歯周病を予防することができるといえるでしょう。荒川区の歯医者では、継続してスケーリングを行うことを推奨していますので、一度問い合わせてみることをお勧めします。
 

2017-06-04 12:09:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ