お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/10:00~13:00/14:30~20:00 土/10:00~13:00 14:30~18:00 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

小児歯科

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  小児歯科

小児歯科

床矯正で生まれ持ったお口の機能を向上、自然な歯並びに

お子さまの歯の状態や噛み合わせは、日々変化します。適切な時期に適切な予防や治療を行うためにも、無理しすぎず、嘘はつかずに、お子さまの身近な存在を目指します。

お子さまの治療では、まず歯科医院の雰囲気に慣れていただき、医師やスタッフと距離を縮めてもらうことを目指します。

「マスクをして上から見下ろす大人」は、お子さまの恐怖心をあおって当然。ですから当院ではマスクはせず、お子さまと同じ目の高さになるようしゃがんで、できるだけ身近な存在となれる雰囲気をつくります。

お子さまの治療に関して

1回目に治療をせずに帰宅してしまうと、なぜか2回目になると恐怖心が出てくるお子さまがたくさんいらっしゃいます。そのため、どうしてもお子さまが嫌がる場合を除き、基本的には初日から治療を開始します。

すぐに治療を始めるのが難しい場合は、まずはチェアに座り、機材を触ってもらったり、風をあてたりして「その場に慣れる」ことから始めていただきます。

お子さまの予防メニュー

むし歯になりやすいお子さまの歯を健やかに保つため、むし歯予防や正しいブラッシング指導を行います。

フッ素塗布

歯に直接フッ素を塗って膜をつくり、むし歯から歯をガードする処置をフッ素塗布(またはフッ素コート)と呼びます。1回のコーティングだけでなく、定期的な塗布を繰り返すことで、よりガード力が高まります。
 
シーラント

奥歯の噛み合わせの部分にプラスティックを埋め込んでむし歯を予防することを、シーラントと呼びます。役割はフッ素塗布と同様です。
 
ブラッシング指導

お子さまの口腔内の状態を診ながら、適切な歯ブラシの選び方からブラッシング方法までをレクチャーします。
 

保護者さまへのお願い

保護者さまのチェアサイドでの付き添いのご判断はお任せしております。ただし、お子さまが治療を嫌がる場合「すぐ終わる」など、事実と異なるお声がけや、歯医者がネガティブで怖いイメージととらえられてしまうようなお声がけは、治療を困難にするのでご遠慮ください。

また、お子さまがむし歯になりにくい生活習慣の資料をお渡ししますので、ご自宅でのおやつの食べ方や歯みがきにお役立てください。

小児矯正

6~7歳から小学生ぐらいまでのお子さまを対象に歯並びチェックを行い、必要に応じて床矯正治療をいたします。歯列矯正の専門医の紹介も可能ですが、あごが未発達な時期に床矯正を行っていただくことで、歯列矯正が不要となり、経済的負担の軽減につながる可能性が高まります。

また、この時期の床矯正には、あごの成長促進のみでなく、発音・接触嚥下・呼吸・噛み合わせなどのコントロール効果も期待できます。

床矯正とは

歯列矯正のように「きっちりきれいな歯並びにする」こととは違いますが、成長過程で、お子さまごとの個性は残しつつ、歯が自然にきれいに並んでいきます。

<お子さまの床矯正を成功させるために>

床矯正の装置は、自分でつけたり外したりできる分、保護者さまのご協力が不可欠です。外している時間があっても構いませんが、きれいな歯並びづくりのため、就寝中も含め1日少なくとも12時間以上の装着が必須です。できるだけ長い時間装着するようサポートをお願いいたします。

PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ