お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/10:00~13:00/14:30~20:00 土/10:00~13:00 14:30~18:00 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

歯周病治療

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  歯周病治療

歯周病治療

CMなどでもお馴染みとなった「歯周病」の発症は、年々増加の傾向をたどっています。末期状態になるまで自覚症状が出にくい病気なので、早期発見が大切です。

歯周病は、重症化するまで痛みなどによる自覚症状がほとんど出ないやっかいな病気です。当院でも「歯がグラグラする」などの症状を訴えて来院され、かなり進行してしまった歯周病の発見に至るケースが増えています。

患者さまが抜歯を希望されない場合、最大限歯を残す努力はいたします。しかし重症化した歯周病は、ほとんどの場合、基本治療だけでは治すことができません。大切な歯を残すことが困難な状態となってしまうため、自覚症状がないときからの定期検診が重要です。

また、予防対策によって発症を防ぐことができるのも歯周病の特長のひとつです。予防で特に大切なのは、ブラッシングによる歯垢除去(プラークコントロール)。当院では正しいブラッシング指導なども行っていますので、ぜひお気軽にご来院ください。

●歯周病とは

歯周病は、主に歯肉炎や歯周炎などにより、歯を支えている歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(歯を支える骨)が破壊されていく病気です。歯周病原性細菌が主な原因とされ、この菌の感染症により歯肉に炎症が起き、次第に悪化した炎症が歯槽骨に達すると、歯槽骨が歯を支えきれなくなり、抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行

歯周病には、各症状の正しい処置とセルフケアが必要です。むし歯と同様に、発見が早ければ早いほど治療負担軽減につながります。

健康な歯周組織の状態

  • 歯肉の状態...薄ピンク色で腫れのない状態
  • 歯周ポケットの状態...1~2mm程度

対処法

この状態なら治療は不要ですが、3~6か月ごとの定期検診と、毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。歯科医院での専門的な歯のクリーニングも効果的です。

 
歯周病歯肉炎

  • 歯肉の状態...歯ぐき溝と呼ばれる溝に歯垢がたまり、歯ぐきにのみ炎症がある状態
  • 歯周ポケットの状態...歯垢と炎症とで、ポケットができている

対処法

3か月ごとの定期検診とブラッシングで改善をはかります。歯科医院での歯石除去も必要です。専門的な歯のクリーニングも効果的です。

 
歯周病軽等度歯肉炎

  • 歯肉の状態...炎症が起こり、歯ぐきの赤味が深くなる。歯槽骨にも変化がでてくる。
  • 歯周ポケットの状態...3~4mm程度

対処法

最初にブラッシングで歯肉の状況改善をはかります。その後、歯科医院での完全歯石除去と、歯肉内のSRPなどを行います。この段階まで進行した場合、専門的な歯のクリーニングも定期的に受ける必要があります。

 
歯周病中等度歯肉炎

  • 歯肉の状態...炎症が進行し、歯槽骨の吸収も進行。歯肉の腫れや出血もある。
  • 歯周ポケットの状態...4~6mm程度

対処法

最初にブラッシングで歯肉の状況改善をはかり、その後、歯科医院での完全歯石除去と、歯肉内のSRPを行います。症状が重い場合は、歯周外科手術が必要となる可能性もあります。専門的な歯のクリーニングや再発防止対応が必須です。

 
歯周病重度歯肉炎

  • 歯肉の状態...定期的に腫れて、痛みもひどい状態

対処法

歯の保存が可能であれば歯周外科手術などを試みますが、ここまで進行してしまうと抜歯せざるを得ない場合もあります。そうならないためにも、予防や定期検診を欠かさずに行いましょう。

歯周病の基本治療

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯周ポケットの奥深くや歯の根の表面に付いた歯石を除去したり、歯周病感染で傷んだ歯の根を部分的に削り、表面を滑らかにしたりする処置です。

ブラッシング指導

歯周病の一番の原因はブラッシング不足。「しっかり磨いているつもりだったのに、磨ききれていなかった」といった状況をなくしていくことが重要です。当院でも、一人ひとりの歯並びや口腔内環境に合わせた、正しいブラッシングの方法や気を付けるポイントなどをご説明します。

歯周外科

フラップ法

歯肉を歯槽骨から剥離し、歯根の歯垢・歯石除去、歯槽骨の清掃、歯肉などのダメージ部分切除で、歯肉の状況改善をはかります。

PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ