お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  むし歯と歯周病の家族感染について

むし歯と歯周病の家族感染について

むし歯と歯周病の家族感染について

虫歯菌や、歯周病菌は家族間で感染します。
実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には菌は存在しません。親などの周りの大人から感染するのです。
親から子どもへ感染することを「垂直感染」といいます。夫婦間や兄弟間での感染を「水平感染」といいます。

〈虫歯菌の感染時期と、歯周病菌の感染時期は異なる〉

親子間の場合、特に母親から赤ちゃんへ感染する母子感染が多いですが、「感染の窓」という1歳6ヶ月から3歳までの期間が最も感染しやすい危険な期間と言われています。
このときに、ミュータンス菌などの虫歯菌が感染します。食べ物をフーフーと冷ますときに唾液が飛んでしまったり、食器などを使いまわし、くしゃみをすることによって、感染しやすくなります。キスも感染経路となります。 

 虫歯菌が幼いときに感染するのに対して、歯周病菌は大人になったあとも感染します。夫婦間でも感染するのです。

〈感染をできるだけ防ぐためにできること〉

お子さんへの感染を完全に防ぐことは不可能です。私たちのお口の中には300~700種類もの口腔細菌が生息していますが、それらがバランスを保って生態系を作っています。

 ただし虫歯菌のお子さんへの感染が遅ければ遅いほど、虫歯のリスクが下がるのも事実です。
できるだけ食器を使いまわしたりしないようにしましょう。
そして最も大切なことは、保護者の方がいつもお口を清潔な状態に保つことです。お口の環境が良ければ、お子さんへの感染も最小限に留めることができます。毎日ていねいに歯磨きすることに加えて、3ヶ月に1度は歯科医院でクリーニングしてもらうことを習慣にしましょう。

 

2020-01-28 14:13:18

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ