お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端の歯科・歯医者ならこうへい歯科クリニックまで

よくあるご質問

HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

審美歯科に関する質問

審美歯科治療とはなんですか?

「噛む」という機能だけではなく、美しさまで追求した歯科治療です。最もわかりやすいのが銀歯を白い歯に替える治療で、よく噛めて、なおかつ見た目が美しくなります。歯の色や形、歯並びなどにコンプレックスのある方は、お気軽にご相談ください。さまざまな方法で口元のコンプレックスを解消します。

審美治療はどのくらいの期間がかかりますか?
審美治療にかかる期間は、ケースバイケースです。審美材料を単純に詰めたり、被せたりするだけなら、1~2回で終わることもあります。詰め物や被せ物を製作する場合は、さらに長い期間が必要となります。
白い歯に替えて口元をきれいにしたいのですが費用が心配です。

審美治療は、費用が安いものから高いものまでさまざまな種類があります。保険内で白い歯に替えられることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。お支払いに関しては、クレジットカードやデンタルローンの利用も可能となっております。

審美治療に保険は適用されますか?
審美性を追求する治療には、基本的に保険は適用されません。ただし、保険内で受けられる白い歯の治療も増えてきています。例えば、前から4~5番目の歯なら、銀歯ではなく、保険適用の白被せ物を装着できます。歯科用プラスチックとレジンを掛け合わせた材料を使用することから、見た目もきれいに仕上がります。

セラミック治療に関する質問

銀歯の見た目を良くする方法はありますか?
銀歯をセラミックの歯に入れ替えることで、審美性が大きく改善します。セラミックは、天然歯の色調や光沢、透明度を忠実に再現できます。また、金属を一切使用しないメタルフリー治療なら、金属アレルギーやメタルタトゥーのリスクもゼロとなります。
セラミックの歯も黄ばみますか?

セラミックは、水分の吸収や汚れの吸着、材料の劣化がほとんど起こらない材料です。長年使い続けても、黄ばむことはありません。ただし、口腔ケアの状態が悪いと、汚れが付着することもあります。ですから、セラミック治療を受けた後もセルフケアを徹底すると同時に、歯科医院でのメンテナンスも受けるようにしましょう。

歯と歯のすき間を改善する方法はありますか?

最も確実な方法は矯正治療ですが、比較的軽度のすきっ歯であればセラミック治療で改善できます。「ラミネートベニア」と呼ばれる治療法で、歯の表面を少しだけ削り、セラミック製のチップを貼り付けます。2回程度で治療は完了します。簡便に歯並びを改善できるため、非常に有用な審美治療ですが、歯列不正を根本から改善する方法ではない点にご注意ください。

セラミックは奥歯にも使えますか?
基本的には使えます。歯ぎしりの習慣があったり、噛む力が強かったりする場合は、ジルコニアなど、特別な材料を使うことで人工歯の破折を予防できますが、その他の治療法をご提案することもあります。セラミック歯には強い衝撃を受けると割れやすい、という弱点があることも知っておいてください。
金属アレルギーでもセラミックは受けられますか?
セラミックのみを使用した治療であれば、安心して受けることができます。いわゆる“メタルフリー治療”は、身体にもやさしい審美治療です。メタルボンドのような金属の土台を使用するセラミック治療でも、該当する金属が含まれていなければ、金属アレルギーがあっても治療できることがあります。心配な方は、事前にパッチテストなどで検査しておきましょう。
被せ物で歯茎が黒ずむのを避けたいです。

被せ物による歯の黒ずみをメタルタトゥーといいます。オールセラミッククラウンなら、金属材料を一切使用しないため、メタルタトゥーが生じることもありません。

治療中に歯がない期間はありますか?

治療期間中は、仮歯を装着するため、歯のない期間はほとんどありません。日常生活に支障がでないよう、最大限配慮します。

ホワイトニングに関する質問

クリーニング(PMTC)で歯は白くなりますか?

歯の表面に付着した汚れは、クリーニングできれいに取り除けます。PMTCなら、歯ブラシによるブラッシングでは落とせないバイオフィルムやステインなども一掃できます。歯質の内部に沈着した汚れは、ホワイトニングでなければ取り除けません。過酸化水素や過酸化尿素からなるホワイトニング剤であれば、歯質内部の汚れを漂白できます。

ホワイトニングはどれくらいで歯が白くなりますか?

即効性の高いオフィスホワイトニングなら、1~3回程度、持続性の高いホームホワイトニングなら1ヶ月程度で目標とする白さに到達します。ただし、ホワイトニング効果には個人差があるため、あくまで参考程度にお考えください。

ホワイトニングは痛いですか?
基本的に痛みは感じません。ただ、歯の状態のよっては“しみる”という知覚過敏の症状が現れることがあります。ホワイトニングにおける知覚過敏は、あくまで一時的な症状です。治療後も知覚過敏の症状が長く続くことはまずありませんので、ご安心ください。
ホワイトニングできない歯はありますか?

人工歯はホワイトニングすることができません。また、天然歯であっても神経が死んでいたり、変色の度合いが強かったりする場合も、ホワイトニング効果が期待できません。人工歯の黄ばみに関しては、修復物を研磨したり、作り直したりすることで対応します。重度の歯の変色は、セラミック治療で改善することが可能です。神経が死んだ歯には、ウォーキングブリーチという特別なホワイトニング法が適応されることもあります。

インプラントに関する質問(治療前)

インプラント治療とはなんですか?

失った歯を補う治療です。顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せます。見た目だけでなく、噛み心地まで天然歯に近い状態を再現できます。周囲の歯に負担をかけなくて済む点もインプラントの大きな魅力のひとつです。

インプラントに年齢制限はありますか?
18歳以上であれば、どなたでも受けられます。子どもがインプラント治療を受けると、歯や顎の発育に悪影響が及ぶことあるため、原則として適応外となります。
交通事故で歯がなくなった場合でも受けられますか?
問題なく受けられます。ただし、顎の骨の状態が良好である必要があります。
インプラント治療のメリットはなんですか?
「見た目が天然歯そっくり」「硬いものでもしっかり噛める」「ズレたり外れたりしない」「顎の骨が痩せていかない」「残った歯への負担が少ない」など、さまざまなメリットがあります。
インプラント治療のデメリットはなんですか?
「外科手術が必須」「治療期間が比較的長い」「保険が適用されない」などのデメリットがあります。
かみ合わせが悪くてもインプラントできますか?
基本的には問題ありません。かみ合わせも含めて改善するよう、治療計画を立案します。
糖尿病でもインプラント治療に支障はありませんか?

軽度の糖尿病で、全身状態がきちんと管理されているケースでは、インプラント治療も可能です。医師としっかり相談した上で、治療を検討しましょう。場合によっては、その他の治療が適していることもあります。

金属アレルギーが心配です。

インプラント治療に使用するチタンは、アレルゲンとなりにくい金属です。稀にチタンアレルギーをお持ちの方がいらっしゃいますが、その場合は、他の治療法を検討することとなります。最近では、人工歯根にチタンを用いない治療法も開発されているため、金属アレルギーが心配な方は、まずは歯科医師に相談することをおすすめします。

インプラント治療を受けられないのはどんな人ですか?
妊娠中の女性や18歳未満の方は、原則として受けることができません。また、糖尿病・高血圧・心臓病・骨粗しょう症などの全身疾患をお持ちの方も、健康状態によっては受けられません。
インプラントの人工歯が割れることはありますか?
金属ではなくセラミックやレジンで作られた被せ物は、割れることがあります。ただ、インプラントには保証期間が設けられており、条件を満たせば無料で再治療を受けることも可能です。
即日インプラントとはどのような治療ですか?
インプラント手術を行ったその日に仮歯が入る治療法です。
インプラント治療はどの歯医者でも行えますか?

歯科医師免許さえあれば、治療は可能です。ただし、インプラントは極めて専門性の高い治療なので、知識と経験が豊富な歯科医師に任せた方が良いといえます。

骨の量が少なくてもインプラントできますか?
骨量の不足は、骨造成術(骨を増やす手術)で補うことができます。十分な量の骨が確保できれば、インプラント可能となります。
タバコを吸っていてもインプラント治療は受けられますか?

喫煙している方もインプラント治療を受けることはできますが、失敗の要因になることは間違いありません。喫煙は歯周病のリスクを上昇させるため、インプラントの寿命を縮めることにもなります。

高血圧でもインプラントできますか?

服薬によって血圧がコントロールされていれば問題ありません。

インプラントに関する質問(手術)

インプラント手術は痛いですか?
手術の際には必ず局所麻酔を施すため、痛みを感じることはありません。
インプラント手術は大変ですか?

手術といっても、顎骨のほんの一部に限られます。インプラントの埋入自体は15分程度で終わることから、全身の外科手術ほど大変なものではありません。手術に対する不安感や恐怖心が強い方は、笑気麻酔や静脈内鎮静法を利用することもできます。

インプラント手術にかかる時間はどのくらいですか?
埋入するインプラントの本数が1~3本程度であれば、60~90分くらいで終わります。骨造成など、特別な処置を施す場合は、もう少し手術時間が長くなります。
手術中はずっと口を開けているのですか?
手術中は、患者さま口を閉じて楽にできる時間を設けておりますのでご安心ください。
インプラント治療にかかる期間はどのくらいですか?

インプラント治療は、最短で6ヶ月程度かかります。必要となる処置やお口の中の状態によってはさらに長い期間を要します。

インプラント手術に入院は必要ですか?
インプラント手術の前後に入院する必要はありません。手術当日にご来院いただき、手術後はそのまま帰宅することが可能です。
手術が失敗した場合はどうなりますか?
再手術を受けることが可能です。再手術はインプラントの保証内で行われます。

インプラントに関する質問(治療後)

食べられない食品などはありますか?
基本的にはありません。ただ、極端に硬いものは人工歯の破折につながることがあるため、できるだけ避けた方が良いといえます。
身体に健康被害が生じることはありませんか?
生体への親和性が高い材料を使用するので、健康被害が生じることはまずありません。万が一、チタンアレルギーなどを発症した場合は、アレルギー症状などが現れます。
インプラントが歯周病になったらどうすべきですか?
歯周病の症状が軽度であれば、歯周病治療を行います。重度の場合は、インプラントを撤去する必要が出てくるかもしれません。それだけに、インプラントの歯周病である“インプラント周囲炎”は可能な限り予防しましょう。インプラントでメンテナンスが重要となるのはそのためです。
インプラントを入れたことは周囲に気付かれますか?

インプラントは、欠損部を限りなく天然歯に近い状態まで回復できることから、周囲に気付かれることはまずありません。食事の際も天然歯と同様、食べ物をしっかり噛むことができます。

手術の後は顎が腫れたりしますか?
インプラント手術後は、顎が腫れることがあります。外科手術の性質上、ある程度は避けられない症状といえます。ただ、顎の腫れは3~4日をピークに収まっていきますので、それほど心配する必要はありません。処方された痛み止めや腫れ止めを服用しながら、症状が収まるのを待ちましょう。
手術後に運動しても問題ありませんか?
手術後は、顎にケガをしている状態と同じであるため、できるだけ安静に過ごしてください。運動をすると代謝が上がり、傷口が開いてしまいます。出血の原因にもなるため要注意です。
手術後に食事はできますか?
手術で投与した麻酔薬は、3~4時間で効果が切れます。その後は、食事をしても大丈夫です。ただし、インプラントを埋め込んだ部位で噛むのは控えてください。また、あまり噛まずに飲み込める軟らかい性状の食品を選ぶようにしましょう。
手術後は入浴できますか?
熱いお湯を張った湯船に浸かると、全身の血流が良くなり、傷口が開いてしまいます。手術直後は、シャワーで体を洗い流す程度にとどめてください。
手術後の歯磨きで注意すべき点はありますか?

インプラントを埋めた部位の歯磨きは行わないでください。手術部位を歯ブラシでゴシゴシと磨くと、縫合した糸が切れたり、傷口が開いたりします。かといって、口腔ケアを怠ると細菌感染のリスクが上昇するため、その他の部位はしっかり磨くようにしてください。その際、歯磨き粉は使わず、ブクブクうがいも行わないようにしましょう。傷口の治りが遅れます。

痛みがなければ処方薬を飲まなくても良いですか?
とくに症状が認められなくても、抗菌薬等は服用してください。感染予防や痛み・腫れを抑える効果が期待できます。自分で判断はせず、歯科医師の指示通りに服用することが大切です。
手術後は歯がない状態となるのですか?
インプラント手術後は、ほとんどのケースで仮歯や入れ歯を装着します。ケースによっては、歯がない状態となることもあります。
定期検診は受けなくても良いですか?
インプラントは、インプラント周囲炎という歯周病のリスクが高い補綴装置です。また、人工歯が欠けたり、ネジが緩んだりするなど、いろいろなトラブルも起こり得るため、定期的な検診は受けるようにしてください。定期検診の受診は、インプラント保証を受けるための条件となっている場合が多いです。
インプラントはなぜしっかり噛めるのですか?
人工歯根があるからです。噛んだ時の力を人工歯根が顎の骨へと伝えることから、天然歯と同じように硬いものでも噛めます。ブリッジや入れ歯とは異なり、構造自体が天然歯に酷似しているのです。
インプラント手術後に注意すべき点はありますか?
手術直後は、運動、入浴、飲酒、喫煙などを控えてください。処方された薬剤もきちんと服用しましょう。感染予防のために、お口の中を清潔に保つことも大切です。
インプラントの寿命はどのくらいですか?

インプラントがどのくらい持つかは、治療後のケア状況によって大きく変わります。適切なセルフケアとプロフェッショナルケアを両立させていれば、寿命を延ばすことも難しくありません。ちなみに、インプラントの10年生存率は95%程度なので、一般的には10年以上持つと考えらえます。過去には、40年以上使い続けた例もあります。

インプラントを入れてから食べ物が詰まりやすくなった気がします。

インプラントと天然歯では、歯根の形態が大きく異なります。歯と歯の間の距離も変わってくるため、天然歯があった頃より食べ物が詰まりやすくなることも珍しくありません。そうしたケースでは、人工歯の形態を修正するなどして、症状を改善します。とはいえ、天然歯と同等の自浄性は期待できないことから、オーラルケアの徹底は欠かせません。メンテナンスやクリーニングを定期的に受けて、衛生的な環境を維持しましょう。

本物の歯とは噛み心地が少し違うように感じます。
インプラントは、その他の補綴装置と比べると、かみ心地が極めて良好です。歯根が存在するため、天然歯のようにしっかり噛むことができます。ただ、「歯根膜(しこんまく)」というクッションの役割を果たす組織がないため、噛んだ時の感触は天然歯と少し異なります。この点は、“人工歯根”である以上、仕方がないといえます。周囲の歯とのバランスやかみ合わせを改善することで、症状を緩和することは可能です。
治療から数年経ってインプラントが動揺・脱落した

インプラントがグラグラと揺れ動いたり、外れたりする主な理由は「インプラント周囲炎」です。インプラントは、歯冠から歯根まで、すべてが人工物で構成されているため、虫歯になることは絶対にあり得ないのですが、歯周病のリスクは高くなっています。

とくに、連結装置であるアバットメントの周囲には汚れが溜まりやすくなっており、細菌繁殖の温床となりがちです。その結果、インプラント周囲炎を発症すると、顎の骨が破壊され、インプラントの動揺や脱落が生じるのです。こうしたトラブルを予防するためには、定期的なメンテンナンスと適切なセルフケアを継続する必要があります。

鼻のあたりに感覚異常があります。

上の顎にインプラントを埋入するケースでは、「上顎洞炎(じょうがくどうえん)」のリスクを伴います。上顎骨のすぐ上には上顎洞と呼ばれる空洞が存在しており、インプラントの状態が悪いとそこで細菌感染が起こるのです。すると、鼻から頬にかけて、感覚に異常が生じたり、周囲の組織が腫れたりすることがあります。炎症を抑えるなどの早急な処置が求められます。場合によっては、インプラントを取り外さなければならなくなります。

顎の骨が痩せてきたように感じます。

私たちの顎の骨は、年を重ねるごとに痩せていきます。とりわけ、歯を失った部位は歯槽骨の吸収が起こりやすく、インプラントを埋入したケースも例外ではありません。ただ、失った歯をブリッジや入れ歯で補った場合と比較すると、インプラントの方が明らかに、骨吸収量が少なくなります。これは噛んだ時の力が人工歯根を介して顎の骨へとしっかり伝わるからです。とはいえ、加齢による骨吸収が全くなくなるというわけではありませんのでご注意ください。

頬の内側を誤って噛んでしまうのはなぜですか?

失った歯を放置すると、全体の歯並びやかみ合わせが乱れてきます。効率良く噛めなくなることから、周囲の筋肉にも大きな変化が現れます。その結果、お口の粘膜や舌を誤って噛んでしまう誤咬(ごこう)が起こりやすくなるのです。

欠損部に適切な形でインプラントを埋入すれば、そうした症状も徐々に改善されていきます。口腔周囲筋の働きにも関係することなので、正常になるまでには少し時間がかかります。症状がなかなか改善されない場合は、人工歯の調節等で対応します。

インプラントで発音しにくくなることはありますか?
歯列内の欠損部にインプラントを入れたからといって、発音障害が現れることはまずありません。むしろ、欠損部がなくなることによって、発音しやすくなることでしょう。ただし、お口の中は経年的に変化していきます。残った歯がむし歯や歯周病になったり、歯並びが乱れたりするなど、大きな変化が現れた際には発音しにくくなることもあります。

歯周病に関する質問

歯周病はどのような病気ですか?

歯を支えている歯茎や歯根膜、顎の骨が破壊される病気です。根本的な原因は、歯周病菌への感染です。歯面に形成された歯垢や歯石、歯と歯茎の間に生じる歯周ポケットを住みかとして細菌繁殖が起こり感染します。

主な症状は歯茎の腫れや出血ですが、自覚しにくい病気であり、気付いた頃には重症化していることも珍しくありません。最終的には歯を失うことになるので、できるだけ予防、早期発見・早期治療に努めた方が良いといえます。

歯周病と歯槽膿漏は別の病気ですか?

歯周病と歯槽膿漏は同じ病気です。歯周病という大きなくくりがあり、その中に歯槽膿漏という病態があるものとお考えください。軽度の歯周病は歯肉炎(しにくえん)と呼び、歯茎だけに炎症が生じています。細菌感染が歯根膜や歯槽骨にまで広がると、歯周炎(ししゅうえん)となり、歯茎から膿が出る歯槽膿漏などの症状が現れます。

歯肉炎と歯周炎はどう違うのですか?

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の2つに分けることができます。歯茎だけに細菌感染が起こっている段階を歯肉炎と呼び、歯茎の腫れや出血などが主な症状として現れます。顎の骨にまで感染が広がると、歯周炎へと移行します。歯周炎では、顎の骨が溶かされることから、歯がグラグラ動くなどの重たい症状が現れます。

子どもは歯周病にかかることはありませんか?

子どもも歯周病にかかるリスクはあります。実際、軽度の歯周病である歯肉炎は、幼少期にも発症します。ですから、歯周病は高齢の人だけがかかるものとは考えず、小さい頃からしっかり予防することが大切です。

どうすれば歯周病を予防できますか?

プラークコントロールを徹底しましょう。歯の表面に歯垢や歯石が形成されていなければ、歯周病菌は定着できません。1日1回プラークフリーな状態を作ることで、歯周病菌が定着・繁殖できない環境を確立することが可能です。そのためには、正しいブラッシング法を身に付けると同時に、定期的なプロフェッショナルケアも受けるようにしましょう。歯ブラシによるブラッシングでは落とせない汚れもあるため、専門家によるクリーニングが必須といえます。

歯周病の治療方法を教えてください。

歯周病は、すべてのケースで歯周基本治療を行います。歯石を取り除くスケーリング・ルートプレーニング、クリーニング、ブラッシング指導を実施することで、口腔内の歯周病菌の数を減らしていきます。それでも症状が改善されない場合は、歯周外科治療へと移行します。

PageTop