お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ

医院ブログ

小林一茶ブログ 医院ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

健康寿命について

健康寿命とは、「心身ともに自立し、健康的に生活できる期間」と定義されています。ただ寿命を伸ばしたとしても、何年も、あるいは何十年も寝たきりだったり、食事や入浴、排泄などの身の回りのことに誰かの介助が必要な状態では、人間としての尊厳を保つのは難しいです。大切なのは、「ただ長生きすること」ではなく、「健康に長生きすること」なのです。

〈日本人の現状〉
日本は長寿大国として世界的にも有名です。実際、2016年の統計によると、男性の平均寿命は80.98年、女性の平均寿命は87.14年です。その一方で健康寿命は男性72.14年、女性は74.79年です。つまり男性では、平均8.84年間、女性では平均12.35年間、程度の差はあれ何かしらの介助が必要な期間があります。長寿大国と知られている日本の健康寿命は長くはないのです。
〈スマート・ライフ・プロジェクト〉
厚生労働省は、2011年より「スマート・ライフ・プロジェクト(SLP)」という国民運動をはじめました。【健康寿命をのばしましょう】というスローガンをかかげています。
SLPでは4つの今からできることが推奨されています。

①毎日10分の運動をプラス
生活習慣病予防には、男性9000歩、女性8000歩が進められています。日常生活にあと10分早歩きをしたり、1駅手前で降りたりすることにより運動量を増やしましょう。

②1日あと70gの野菜をプラス
生活習慣予防のためには、1日350gの野菜を摂取することを勧められています。日本人は平均280gの野菜を取っていると言われているため、あと70gの野菜をプラスすることが理想的です。

③禁煙でタバコと煙をマイナス
タバコは健康を害します。禁煙を目指しましょう。

④健診・検診で定期的な健康チェック

自分の健康状態を定期的に知ることはとても大切です。早いうちに対処していきましょう。
以上のことを試し、健康寿命を伸ばしていきましょう。

2019-12-26 11:47:18

コメント(0)

折りたたむ

成人歯科健康診査について

口腔ケアへの関心が以前よりも高まっているため、80歳を超えても自分の歯が20本以上残っている方は全体の半数以上になりました。いつまでも自分の歯で美味しく食事をいただくことは、健康に欠かせません。歯を失う原因の多くは歯周病と虫歯にあります。できるだけ早い段階で異常を見つけ治療できるように、荒川区では成人歯科健康診査を行っています。

〈対象者および受診会場〉
荒川区内に住民登録をしている40歳以上の方が対象です。

①40歳、50歳、60歳、70歳の方
2ヶ所での受診が可能です。
・がん予防・健康づくりセンター
 がん検診とセットで歯科検診を受けることができます。事前の予約が必要になります。
・「荒川区 歯科健康診査 会場」のポスターが貼ってある歯科医療機関で検診を受けることができます。直接歯科医療機関に電話し、アポイントを取ってください。

②45歳、55歳、65歳の方
「荒川区 歯科健康診査 会場」のポスターが貼ってある歯科医療機関で検診を受けることができます。直接歯科医療機関に電話し、アポイントを取ってください。

〈持ち物〉
検診の対象となる方には、誕生月の2ヶ月前に受診券が送付されます。その中に検診可能な歯科医療機関リストも同封されていますので、ご自身で事前に予約をお取りください。検診当日は、受診券、また歯科医療機関を受診される場合は健康保険証もお持ちください。
誕生月から1年以内に検診を受けてください。

〈費用〉
検診費用は無料です。検診の結果、治療が必要になった場合は、治療費が発生いたします。
 

2019-12-25 16:07:09

コメント(0)

折りたたむ

妊娠中のお口のメンテナンス

妊娠初期のつわりがひどいときは、歯磨きするもの大変だと思います。しかし母親の口腔内状態が悪く、歯周病が悪化すると、早産や低体重児出産になるリスクが健康な母親よりも高くなることが、統計で分かっています。妊娠中のお口のメンテナンスは胎児の健康にも関わるとても大切なことです。

〈妊娠中にトラブルが起きやすい原因〉

①ホルモンバランスの変化
妊娠中は女性ホルモンが増加しますが、この女性ホルモンが口腔内細菌を増殖させ、またネバネバした唾液が増えます。むし歯菌や歯周病菌が増えるため、お口のトラブルを抱えやすいのです。

②つわりで思うようにオーラルケアができない
つわりがひどいと、歯磨きすら大変だと思います。汚れをきちんと落としきれないため、トラブルが起きやすいのです。

③ちょこちょこ食べをする
妊娠中は1度に多くを食べるのが難しく感じ、ちょこちょこと食べることが多くなると思います。間食が増えるほど、お口の中が酸性状態が続くため、虫歯になりやすくなります。

〈オーラルケア方法〉
吐き気をもよおすときに無理に歯磨きはせず、気分がいいときに歯磨きをするようにしましょう。歯と歯茎の境目に毛先を当てて、1本ずつ丁寧に小刻みにブラシを動かしながら磨いてください。歯ブラシのヘッドが小さく、また柔らかいものを選ぶならつわりのときも比較的磨きやすくなるでしょう。できれば、歯間ブラシやデンタルフロスも使って、歯と歯の間もお掃除してください。
どうしてもつわりがひどくて歯磨きできない場合は、水で口をゆすぐようにしましょう。
 

2019-12-25 13:51:02

コメント(0)

折りたたむ

妊娠への荒川区歯科検診について

妊娠中はホルモンバランスが変わります。初期のころはつわりもあるため、思うような口腔ケアができないのが現実です。
荒川区では妊婦向けの歯科検診を実施しております。

〈対象者と受診時期の目安〉
対象となるのは、「荒川区に住民登録している妊婦の方」です。妊娠期間中はいつでも検診を受けることができますが、できればつわりの症状があるときは避けて、4ヶ月~5ヶ月ごろに検診を受けるのが望ましいでしょう。そうするなら、安定期に必要な治療を受けることができます。しかし出産してからは検診を受けることができませんので、ご注意ください。

〈場所〉
場所は、荒川区内にある「協力歯科医療機関」を受診することができます。妊娠がわかった際、区に妊娠届けを出していただきますがその際に母子手帳、および歯科健診の受診票も渡されます。受診票の中には協力歯科医療機関の一覧表がありますので、そこからご都合の良い歯科医院に連絡していただき、アポイントを取るようにしてください。

〈歯科検診内容〉
主な検診内容は以下の2点です。
①口腔内診査
口腔内診査では、歯科医師がお口の中をチェックしていきます。むし歯の有無だけでなく、歯ぐきの状態を調べていき、歯周病などの症状がないかどうか見ていきます。
②口腔保健指導
口腔保健指導では、おもに歯科衛生士がそれぞれのお口の状態に合わせたブラッシング指導などを行っていきます。
妊婦歯科検診は無料です。この検診を活用して、ストレスの少ないマタニティライフを送りましょう。

2019-12-23 21:17:42

コメント(0)

折りたたむ

セラミックの素材とは?

被せ物をすることになった場合は、セラミックを利用することが結構あります。このセラミックについては、主に陶磁器などを採用していることが多く、これを100%を利用しているものはオールセラミックという扱いを受けることになります。荒川区の歯医者でも、色々な素材を組み合わせてセラミックを作っていますが、一番安心できるのはオールセラミックであり、変色なども起こらないようにするいい方法です。ただオールセラミックは高額になってしまうので、安い方法を模索することもあります。
メタルボンドなどを活用して、セラミックに別の成分を配合しているようなパターンを利用することも、実は行われていることです。これによって安い方法でセラミックを作ることが出来ますので、価格的な負担を減らすことが出来ます。結構負担を大きくする方法もありますので、なるべく安くしたいと思っているなら、荒川区の歯医者に相談してもらい、実際に安い方法を検討してもらうことが大事です。
他に使われている素材としては、ハイブリッドセラミックと呼ばれるものがあります。これはオールセラミックには使われていなくて、セラミックでも他の素材を配合することによって生まれているものです。純粋にセラミックだけを利用していないものですから、当然何らかの問題が起きてしまいます。ただ安さを持っていることがわかっているので、これから治療を受けたいと思っている方が、歯医者に相談しやすい方法です。
荒川区の歯医者でも、セラミックについては色々な素材を使うことがありますので、全てが同じもので作られることはありません。むしろ違う素材を使っていることによって、安心できる要素が生まれることもありますので、使われている素材については説明を受けるといいです。歯医者によってはあまり素材について説明をしないこともありますが、必ず説明をして問題がないようにしています。そして確実に治療を受けられるようにしており、これで安心できるようにしています。
セラミックは、オールセラミックの陶磁器だけを使っているものと、それに何らかの要素を混ぜているものに分かれています。この違いは価格的な影響もありますし、美しさに多少違いがあります。荒川区の歯医者では両方の治療を行っていますので、どちらの方法にも対応してくれるので安心できます。治療を早く済ませたいと思っている方にも、方法が複数あることで考えやすいことも大きなことです。

2017-08-20 00:20:52

コメント(0)

折りたたむ

虫歯を治療せずに放置するとどうなる?

虫歯を放置している状態では、まず歯を溶かしていくことになります。虫歯の状態になっていると、徐々に歯を溶かすような問題が生まれて、どんどん奥の方に進行するようになります。進行し続けている虫歯については、かなり大きなものになってきます。しかしこの時点では痛みを気にするほどではないため、意外と歯医者を利用される方が少ないです。荒川区でも結構見つかるまでに時間がかかり、大きくなった状態で発見されることも珍しいことです。
これを更に放置していると、神経まで届くようになります。神経に到達してから、ようやく痛みなどが起きるようになり、虫歯になっていることがわかります。ここで荒川区の歯医者を利用すると、虫歯の治療を受ける事になり、速やかに削られることとなります。ここで削っておけばいいのですが、まだ気にするほどではないと思ってしまい、適当に放置している状態を続けているのは危険です。このまま放置していることは、神経にも虫歯の影響が生まれることになります。
神経に到達すると、神経が虫歯で侵されてしまうことになりますので、神経が死んでしまいます。神経が死んでいると、その部分から抵抗する力がなくなってしまうので、ばい菌をばらまくようになります。荒川区の歯医者でも、神経まで虫歯が到達していることを判断している場合は、当然神経を抜くことになります。これによって虫歯の影響を最小限に食い止める方法を採用しているのですが、それでも虫歯の治療をしない場合は他の部分にも影響します。
神経を通じて虫歯は他の歯にも影響を及ぼすようになります。虫歯の診察をしてみると、神経まで到達しているものが多くなっていることがわかり、歯医者でも何本も歯を抜かないと駄目な場合もありますし、神経を抜かないと駄目なところが多くなってしまうことになります。それは避けないと駄目なことですから、絶対にその前に治療を受けるようにしてください。早めに治療をしないことは、大きな問題が生まれても仕方ないことです。
荒川区の歯医者では、レントゲンなどを利用して歯の検査を行っています。虫歯がある場合は、その場でしっかりと通知して、治療を受ける日程を決めるようになります。日程を決めて治療を受ける事によって、本当に必要な治療を受けられるようになり、最小限に食い止めることが出来ます。歯医者が苦手で、削ることが嫌だと思っていても、先に治療を受けないとあとから大変な思いをします。

2017-08-06 18:30:00

コメント(0)

折りたたむ

ホワイトニングの種類

荒川区の歯医者でも行っているホワイトニングですが、1つだけの方法で行っているのではなく、複数の方法が採用されているのです。多くの方法を知っていることで、よりホワイトニングを行えるようになったり、負担の少ない方法を活用できる可能性もありますので、色々な方法を知っているといいです。多く使われているものと、大きな作業を要することになるものに分かれますので、その療法を知っていることは大事です。
基本的に大雑把に分けると、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングに分けられることになります。荒川区の歯医者で行っているのがオフィスホワイトニングで、自宅で行うことになるのがホームホワイトニングとなります。どちらの場合もお金は必要となりますので、ある程度の負担を覚悟することになります。しっかりと治療を行っていくと、どちらでも綺麗にすることが出来ますので、ある程度綺麗になるように考えながら治療を受けていくといいです。
オフィスホワイトニングは、歯医者さんが用意している方法を利用することが出来る点もあり、非常に多くの方法を活用できる点が魅力となっています。その一方でお金がかなりかかってしまうこともあります。また人によってその効果の違いが変わってくることになりますので、もしかしたらあまり綺麗にならない方法があるかもしれません。荒川区でも多くのところが行っていて、色々な薬剤を使うことによって綺麗にしてくれます。
ホームホワイトニングは、歯医者さんが必要なものを用意してくれて、指示されているとおりに利用して綺麗にする方法となります。こちらも荒川区では行われていて、マウスピースを着用してホワイトニングに必要なものを入れます。これを繰り返していることで白くしていく方法です。綺麗にすることは簡単に出来るように思われますが、必要なものはかなり高額であることも知っておくことになります。そしてゆっくりとしか綺麗になっていかないので、時間をかけて行う方法です。
ホワイトニングを行いたい場合は、これらの2つを利用することになります。最近ではデュアルホワイトニングと呼ばれる、どちらも併用していく方法が使われていて、荒川区の歯医者でも用意していることがあります。併用する方法は相当高いですが、すぐに綺麗にできるチャンスを持っていることを考えると、短時間で行いたい方には向いています。お金に余裕を持っている人が行うことですので、負担なども考えて選ぶといいです。

2017-07-30 00:14:00

コメント(0)

折りたたむ

入れ歯が合わない状態で放置すると良くない?

入れ歯はどんどん変化することが多く、削れてしまったり咬み合わせの悪さが生まれるようになると、結構大変になってしまうことが多いです。負担が強くなったことで、より食べることが難しくなっていたり、顎の痛みが増えてくることもあります。入れ歯が合わない状態で放置していることは非常に負担が強くなってしまうことが多くなりますので、放置することはなく荒川区の歯医者を利用していただき、修正することを行ってください。
直してもらう事によって、安心して食べられるようになります。放置していると顎の関節にも影響が出てきますし、咬み合わせが悪いことで変なところを噛んでしまうような、そうした状態になってしまうことがあります。あまり放置していることはいいことではなく、どんどん悪いように体調が変化することもあります。無理をしないでおかしいと思っているなら、歯医者へ入れ歯を持ってきてください。その状態を見ながら、荒川区にあるクリニックがしっかりと修正を行って、いい状態に戻してくれます。
最初は完全にフィットしているような状態になっている場合でも、フィットしなくなってくると大変な状態になり、ちょっとしたズレによってグラグラするような状態になることもあります。これは部分入れ歯でも同じことですし、総入れ歯だと尚更大変になってしまうこともあります。動かないように調整すること、フィットしやすいように戻しておくことは大切です。この作業を行っているのが荒川区の歯医者になります。
放置している人が、徐々に顎の関節に負担を感じたり、歯に残っている神経などがある場合は更に痛い思いをします。この痛みを我慢することは年々厳しくなってきて、もうこの痛みに耐えられないと思ってしまうことが多々あります。それを我慢していることで体調を悪くして、他の部分まで悪化させることは駄目なことです。荒川区の歯医者では、そうしたことが起こらないように、まずは入れ歯の状況をしっかりと見るようにして、問題が起きないように調整しています。
安心して生活が出来るようになれば、より多くの食事を行えるようになったり、もっと安心して生活できるようになります。歯医者に持っていくと、より綺麗にすることが出来ませすので安心できて、怖いところが減るようになります。荒川区には結構入れ歯の治療を得意としているところもありますので、そうしたところへ持っていくことで、より良い状態に出来ます。
 

2017-07-23 00:13:00

コメント(0)

折りたたむ

歯周病予防のためのメンテナンス

荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンス治療も行っています。歯周病とは、歯と歯茎の間に歯石が溜まり、歯茎が腫れあがってしまいます。歯茎がはれ上がり、そして歯と歯茎の隙間が大きくなりますので、歯がぐらぐらとしてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまうというとても怖い病気です。荒川区の歯医者では、スケーリングや、検査などの治療を行っていますが、その後の歯周病メンテナンスも重視しています。
そこで、荒川区の歯医者で行われている歯周病のメンテナンスとはどういったものでしょうか。
まず、歯周病を治療するためには、歯周病の原因を取り除くことが必要です。
歯周病の原因となって知る菌を除去するということが、歯周病予防につながりますし、お口の健康を守ることにつながるのです。
このためには、定期的に荒川区の歯医者に通い、メンテナンスをする必要があるのです。
たとえば、最近の集団となっている歯垢ですが、深い歯周ポケットに入り込んでしまうと歯ブラシではとれなくなってしまいます。
また、歯の隙間や歯茎の磨きにくい部位などにも溜まってしまうと取り除くことができません。
このため、荒川区の歯医者で、歯科衛生士によるスケーリングでこれらの汚れを除去してもらう必要が生じてくるのです。
荒川区の歯医者では、専門的なクリーニングを行っており、スケーリングなどでこれらの歯周ポケットの歯石を取り除きます。
メンテナンスを行うためには、荒川区の歯医者で3~4か月に一回程度スケーリングを行う必要があるといえるでしょう。
歯周病の難しい面として、歯周病に一度なってしまった場合、溶けてしまった骨は元通りになりません。
このため、荒川区の歯医者で定期的にメンテナンスをしないと、再発してしまう可能性があるのです。
もしも、自宅でのブラッシングが不十分な場合、これらの細菌が再発し、再発してしまう可能性があるのです。
荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンスとして、スケーリングを行い、これ以上歯周病が広がってしまったり、あるいは再発しないように進行を食い止める治療を行います。
また、歯茎で少し腫れてしまっている部位などをチェックし、その部分を重点的にスケーリングしたりと、メンテナンスを行います。
荒川区の歯医者では、歯周病治療のメンテナンスもしっかりと行っていて、予防にも心がけています。
以前歯周病や歯肉炎になってしまったけれど再発が不安であるという方は、荒川区の歯医者で、しっかりとその後のメンテナンス治療を受けることが必要であるといえるでしょう。
 
 

2017-07-16 12:40:00

コメント(0)

折りたたむ

ホワイトニングはどのくらいの料金がかかるか

荒川区の歯医者でホワイトニングをしてもらいたい、という方はとても多いようです。最近では雑誌などでホワイトニングが紹介されることも増えてきましたし、美容の一環としてホワイトニングをされる方も増えています。
そこで、荒川区の歯医者でホワイトニングを受ける場合、どのぐらいの料金がかかるのでしょうか。
まず知っておかなければいけないのが、ホワイトニング治療というものは健康保険が適用されません。
つまり、荒川区の歯医者でホワイトニングをしたとしても、全額自費負担となります。このため、一般的な荒川区での歯医者での治療よりも、少し割高になってしまうというのがほとんどであるといえるでしょう。
一般的な荒川区の歯医者の治療の場合数百円から数千円となります。しかし、ホワイトニング治療の場合には、数万円から数十万円の費用が掛かるケースもあります。
これは、荒川区の歯医者によっても費用は違いがありますので、どの程度違うのか比較してから通い始めることがおすすめです。
ホワイトニングの治療は、費用対効果で考えるととてもお得ですし、美容でもやってよかったと思っている人は非常に多いようです。このため、荒川区の歯医者で一度ホワイトニングをやってみるのもおすすめです。
また、ホワイトニングにも種類があることを知っておく必要があります。荒川区の歯医者で行われているのは、オフィスホワイトニングといって、歯医者で行われるホワイトニング治療です。ホワイトニングには、自分で行う治療である、ルームホワイトニングもあります。
荒川区の歯医者では、ホワイトニングの施術は歯科医師が行います。
高濃度の薬剤を使用し、そしてライトを照射してホワイトニングを行います。
この効果はとても大きく、効果も高いです。しかし、荒川区の歯医者でホワイトニングを行う場合、治療には2~4回程度の通院が必要となります。このため、その分ルームホワイトニングよりも費用は高く設定されているといえるでしょう。
また、白くなるのには個人差もありますので、通う回数が多くなる可能性もあります。このため、荒川区の歯科医院でもなるべく自分自身が通いやすい歯医者を選ぶことがおすすめであるといえるでしょう。
ホワイトニングは、自費診療となり、そしてオフィスホワイトニングの場合には、荒川区の歯医者での治療になりますので、少しルームホワイトニングよりも高くなるということを知っておくことが必要です。
 
 

2017-07-09 12:38:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ