お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  自費の補綴と保険の補綴では使う材料から違う?

自費の補綴と保険の補綴では使う材料から違う?

自費の補綴と保険の補綴では使う材料から違う?

荒川区の歯医者では、保険内での治療である保険診療と、自費での治療の自費診療があります。荒川区の歯医者では、歯科治療を保険内で済ませるか、または自費診療を行うかということを患者さん自身で選択することができるといえるでしょう。
荒川区のどの歯医者でも、自費診療は行っており、その歯医者によって費用などもそれぞれ異なっています。
しかし、荒川区の歯医者での自費での補綴、保険での補綴の場合、どのように違うのかわからない…とという方も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、自費での補綴と、保険の補綴では、使う材料から異なるのです。
荒川区の歯医者でも、自費での補綴と保険の補綴では、材料も異なりますし、治療の方法も少し異なっています。
まず、荒川区の歯医者の保険治療ですが、使用する材質というものが定められています。
このため、金属製のいわゆる銀歯、もしくは歯科用プラスチックであるレジンしか使用することができません。
前歯の場合には、金属製のフレームを使った、かぶせ物であるレジン前装冠などを使用することが多いです。
しかし、荒川区の歯医者で保険診療で治療をする方は多いですが、金属アレルギーの方は、要注意であるといえるでしょう。
補綴で使用される金属というものは、非常に耐久性は高いです。
しかし、長時間使用することで、その金属が溶け出してしまい、金属の原料が原因で、金属アレルギーを引き起こしてしまうケースがあるのです。
このため、最近では、荒川区の歯医者でも自費治療を受ける方も多いといわれています。
自費診療の場合、使用できる材料は制限がありません。このため、金属だけではなく、セラミックといわれる審美性の高い材料や、硬くて強度のあるジルコニアという材料を使用することができます。
これらの材料は、耐久性が良く、そして審美性も高いのが特徴です。目的に合ったものを予算に応じて自分自身で選ぶことができるというのが特徴なのです。
さらに、荒川区の歯医者では、インプラントの治療だったり、入れ歯治療にも、自費治療を取り入れています。自費診療の場合、使う材料から全く異なりますので、高度な治療ができるということも大きな特徴です。
審美面に悩みがあるという方や、もしくは強度の高いものにこだわりたいという方は自費診療を受けることがおすすめです。最近では、審美歯科だけではなく、荒川区の一般の歯医者でもこういった自費診療を行っているという歯医者は増加しています。
 

2017-06-11 12:11:00

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ