お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  セラミック治療って何?

セラミック治療って何?

セラミック治療って何?

荒川区の歯医者で、セラミック治療を考えているという方も多いといわれています。虫歯治療というと、以前までは、金属の詰め物やレジンと呼ばれる詰め物をするのが一般的でした。これらは、荒川区の歯医者で一般的な保険診療で詰めることができる詰め物となります。
しかし、最近では、金属アレルギーを引き起こしてしまうことも多く、荒川区の歯医者では自費診療を受ける方も増え続けています。そこで、人気なのがセラミックです。セラミックというのは歯科材料の一つで、自費診療をすることで、こちらのセラミック治療を受けることができるのです。
こちらのセラミックという材料は白くて耐久性に優れているという特徴があります。荒川区の歯医者で治療をした際に、詰め物が金色なのは目立ってしまって審美的に困る…という患者さんは意外と多いようです。
しかし、セラミックの場合、白い詰め物であるため、虫歯であることがほとんどわかりません。審美的に非常に優れており、荒川区の歯医者でセラミック治療を希望される方はとても多いといわれています。
さらに、セラミックは強度が高く、保険診療内で詰めることができるレジンよりも、強度があるというのが特徴です。
荒川区の歯医者では、虫歯治療の際にレジンを詰め物として詰めることができます。しかし、レジンという歯科材料は、長時間使用することによって、黒ずんでしまったり、へこんでしまったり匂いを吸収しやすいという特徴があります。
しかし、セラミックの場合、長時間使用したとしても、その白さを保つことができます。
また、黒ずむこともありませんし、耐久性も高いのが特徴です。
荒川区の歯医者では、奥歯は金属の詰め物になるのですが、セラミックの場合は、白いため、ほとんど詰め物が目立ちません。このため、荒川区の歯医者での治療は、セラミックでの治療を求める方も多いのです。
しかし、セラミック治療の場合、健康保険が適用されません。このため、自費診療となりますので、数万円~の費用が必要となります。一本の場合は、それほど効果ではありませんが、数本の治療となると、数十万円という費用が掛かることも珍しくありません。
しかし、荒川区の歯医者では、目立つ部位が虫歯になってしまった場合には、セラミック治療をお勧めしている歯医者も多いです。
セラミックは見た目も美しく、審美面で優れており、耐久性も非常に高いという特徴があります。このため、荒川区の歯医者でも目立つ部位の虫歯治療などで使用されることが非常に多いのです。
 

2017-06-18 12:32:00

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ