お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?

フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?

フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?

「フロスと歯間ブラシをどう使い分ければいい?」
歯と歯の間には汚れが溜まりやすく、むし歯にならないようにケアするべき場所です。そのため荒川区の歯医者が勧めるように、フロスと歯間ブラシを上手に使って汚れをかき出すようにしなければなりません。これら二つの道具はどちらも歯ブラシでは除くことができない歯の汚れを除去するためのものです。しかし荒川区の歯医者が述べるように、これらの道具を使用する場所はそれぞれ異なります。まずフロスですが、これは歯と歯の間に挟まっている汚れを除くためのものです。フロスを歯と歯の間に入れ、上下させて汚れをかき出します。
また歯と歯の間と歯茎によって囲まれた場所には、小さな隙間があります。ここに詰まった汚れをきれいにするための道具が歯間ブラシです。荒川区の歯医者が述べるように、歯並びがよくて歯茎が丈夫な人はフロスの使用がお勧めです。またフロスは細かなところにまで入り込むことができるために、定期的な歯磨きと併用してフロスでの清掃を行うことで、歯の健康を保つことができます。しかし歯並びが悪かったり、歯茎が痩せてきた人に対して、荒川区の歯医者は歯間ブラシの使用を勧めることがあります。
まず歯並びが悪いと歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすくなり、歯ブラシだけではそれを除くことができなくなります。そのためフロスによる清掃だけでは歯の健康を保つことが難しくなり、歯間ブラシでの清掃が必要となるのです。また荒川区の歯医者は、歯間ブラシがもたらすメリットが他にもあることを述べています。それは歯茎のマッサージです。歯茎がマッサージされることで血行がよくなり、歯周病の治療や予防が可能となります。そのため荒川区の歯医者は、歯並びの悪い歯周病患者に歯間ブラシの使用を勧めることがあります。
歯並びがよくても、年齢を重ねるごとに歯茎が痩せてくることがあります。そのため荒川区の歯医者は定期検診を行い、歯の状態だけではなく歯茎の状態を患者が理解することを望んでいます。歯茎は徐々に痩せていくために、自分では気づかないうちに歯間ブラシの使用が必要な状況に陥っていることがあります。そのためこの点をしっかりと理解しておくべきです。荒川区の歯医者は治療や検診のために訪れた患者に対し、歯茎の状態を正確に伝えてくれます。しかしむし歯がないからといって自分で適当な判断を下すべきではありません。何かおかしいと感じたら、すぐに荒川区の歯医者に相談し、状況を確認するべきです。荒川区には優秀な歯医者がたくさんいますので、歯茎の状態を見極めてふさわあしいアドバイスを与えてくれます。
 

2017-06-25 12:34:00

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ