お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  入れ歯完成までの流れ

入れ歯完成までの流れ

入れ歯完成までの流れ

荒川区の歯医者で入れ歯を作ることを考えておられる人がいます。その中にはにどのような流れで入れ歯が作成されるのかを前もって知っておきたいという人もいます。このような疑問を心の中にしまっておく必要はありません。荒川区の歯医者はこの質問に対して丁寧に答えてくれます。もちろん口内の形や大きさ、そして歯茎の状態や歯並びなどが関係してくるために、入れ歯の完成までの細かな説明は、かかりつけの荒川区の歯医者にしか行えません。しかし入れ歯を作成するまでの大まかな流れは決まっています。
まず最初に行われるのは型取りです。顎に型取りの材料を流し込み、型を取ります。この型に合わせて入れ歯が作られるために、荒川区の歯医者はこの作業を慎重に行います。そして入れ歯をはめる予定となる顎だけの型を作るのではなく、上下の顎の型を作るのが一般的です。なぜなら顎と歯の模型を作り、作成した入れ歯をその型に合わせて調整する作業が後ほど行われるからです。その前にまずは出来上がった型から柔らかい素材でできた仮入れ歯を作り、それを患者の口にはめて嚙み合わせをチェックします。これらを基に荒川区の歯医者は入れ歯を作り、その後患者の口に装着します。そして微調整を加えていき、嚙合わせや付け心地を再度チェックしていきます。このよにして患者が心地よく使用できるまでに調整が行われたら、全ての作業は終了です。
もちろん荒川区の歯医者は入れ歯作成に入る前に、どのような素材で入れ歯を作りたいかを患者に尋ねたり、価格の説明を行ってくれます。また土台が必要となる場合、荒川区の歯医者はその種類と価格についても説明してくれます。基本的には天然歯に似たセラミックなど、入れ歯であることがわからない素材でできたものは保険適用外となり、価格は高くなります。また使用しているうちに、なんとなく入れ歯の付け心地が悪く感じてきたということもあります。そのようなときは荒川区の歯医者にその点を告げるべきです。合わない入れ歯を長期間使用していると、顎や歯茎に問題が生じることがあるからです。歯茎や顎の状況は、年齢を重ねるごとに変化していきます。そのため作ったばかりの入れ歯は心地よかったものの、使用していくにつれて付け心地が悪くなってしまうこともあり得ます。荒川区の歯医者は入れ歯を調整することも可能です。そのため何かおかしいと感じたら、すぐに荒川区の歯医者にその点を相談するべきです。
 

2017-07-02 12:36:00

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ