お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防歯科でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  歯周病予防のためのメンテナンス

歯周病予防のためのメンテナンス

歯周病予防のためのメンテナンス

荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンス治療も行っています。歯周病とは、歯と歯茎の間に歯石が溜まり、歯茎が腫れあがってしまいます。歯茎がはれ上がり、そして歯と歯茎の隙間が大きくなりますので、歯がぐらぐらとしてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまうというとても怖い病気です。荒川区の歯医者では、スケーリングや、検査などの治療を行っていますが、その後の歯周病メンテナンスも重視しています。
そこで、荒川区の歯医者で行われている歯周病のメンテナンスとはどういったものでしょうか。
まず、歯周病を治療するためには、歯周病の原因を取り除くことが必要です。
歯周病の原因となって知る菌を除去するということが、歯周病予防につながりますし、お口の健康を守ることにつながるのです。
このためには、定期的に荒川区の歯医者に通い、メンテナンスをする必要があるのです。
たとえば、最近の集団となっている歯垢ですが、深い歯周ポケットに入り込んでしまうと歯ブラシではとれなくなってしまいます。
また、歯の隙間や歯茎の磨きにくい部位などにも溜まってしまうと取り除くことができません。
このため、荒川区の歯医者で、歯科衛生士によるスケーリングでこれらの汚れを除去してもらう必要が生じてくるのです。
荒川区の歯医者では、専門的なクリーニングを行っており、スケーリングなどでこれらの歯周ポケットの歯石を取り除きます。
メンテナンスを行うためには、荒川区の歯医者で3~4か月に一回程度スケーリングを行う必要があるといえるでしょう。
歯周病の難しい面として、歯周病に一度なってしまった場合、溶けてしまった骨は元通りになりません。
このため、荒川区の歯医者で定期的にメンテナンスをしないと、再発してしまう可能性があるのです。
もしも、自宅でのブラッシングが不十分な場合、これらの細菌が再発し、再発してしまう可能性があるのです。
荒川区の歯医者では、歯周病のメンテナンスとして、スケーリングを行い、これ以上歯周病が広がってしまったり、あるいは再発しないように進行を食い止める治療を行います。
また、歯茎で少し腫れてしまっている部位などをチェックし、その部分を重点的にスケーリングしたりと、メンテナンスを行います。
荒川区の歯医者では、歯周病治療のメンテナンスもしっかりと行っていて、予防にも心がけています。
以前歯周病や歯肉炎になってしまったけれど再発が不安であるという方は、荒川区の歯医者で、しっかりとその後のメンテナンス治療を受けることが必要であるといえるでしょう。
 
 

2017-07-16 12:40:00

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ