お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  悪い噛み合わせについての影響

悪い噛み合わせについての影響

悪い噛み合わせについての影響

歯並びの悪さをコンプレックスに感じる方は多いです。しかしかみ合わせのズレは見た目だけではなく、お口の中、さらには全身に影響を与えます。

〈かみ合わせのズレがもたらすお口への影響〉

1 虫歯になりやすい

歯並びが重なっていたり、位置がずれていると歯磨きがしづらいです。汚れが溜まりやすくなるため、虫歯になりやすいです。

2 歯周病になりやすい

1 と同じ理由ですが、歯磨きがしづらいためプラーク(歯垢)がたまり、歯ぐきに炎症が起き、歯周病になりやすくなります。

3 顎関節症になりやすい

かみ合わせがずれていると、顎関節のバランスが崩れます。顎関節症になると、口が開けづらくなったり、開けるときに痛みを感じる、またはカクッと音がするなどの症状が現れます。

〈かみ合わせのズレがもたらす全身への影響〉

1 肩こり、頭痛

かみ合わせがずれると、全身のバランスもずれてきます。そのズレを体が調整しようとして片方に負担がかかるため、肩こりや頭痛などの症状が現れます。

2 顔がゆがむ

かみ合わせが悪いと、いつも噛みやすい方で咀嚼するようになります。筋肉の発達のバランスが崩れ、顔に歪みが生じます。

かみ合わせのズレはお口だけでなく、全身に影響を与えます。頬杖などのクセを直したり、抜歯した部分を放置しているなら、インプラントや入れ歯を作るなどの適切な治療を受けましょう。そして歯並び自体に問題がある場合は、矯正治療も考えられます。かみ合わせのバランスを整えて、健康な体を目指しましょう。

2020-03-17 13:16:32

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ