お問合せ
〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16 月・火・水・木/9:30~13:00/14:00~19:00 土/9:30~13:00 14:00~17:30 日・祝/休診
TEL:03-3893-2519

荒川区、田端で一般歯科、予防でお探しならこうへい歯科クリニックまで

ブログ

HOME

医師・スタッフ紹介

医院案内

交通案内

初診の方へ

医院ブログ

小林一茶ブログ

HOME»  ブログ»  医院ブログ»  むし歯になりやすい食べ物とは?

むし歯になりやすい食べ物とは?

むし歯になりやすい食べ物とは?

昔から「甘いものを食べると虫歯になる」といわれていますが、どのような食べ物が虫歯になりやすいのでしょうか?

〈なぜ甘いものは虫歯になりやすいのか?〉

甘いものが虫歯になりやすいと言われるのは、虫歯菌であるミュータンス菌のエサになるからです。ミュータンス菌は、食べ物に含まれる“ショ糖”を分解し、ネバネバとした膜を作り出します。これを「バイオフィルム」といいます。このネバネバの物質が菌と菌の間を結合させ、プラーク(歯垢)が形成されていきます。このプラークの中に含まれる菌が作り出す“酸”によって歯が溶けることにより、虫歯ができます。

〈虫歯になりやすい食べ物〉

もちろん甘いお菓子は虫歯になりやすいと言えますが、とりわけ歯にくっつきやすいものや、口の中に長くとどまるものは虫歯リスクが高くなります。口の中にとどまる時間が長いほど、お口の中が酸性になる時間が長くなるため、虫歯になるリスクが高くなるのです。

キャラメル、あめなどは歯につきやすく、口の中にとどまる時間も長いため虫歯になりやすいです。チョコレートも虫歯になりやすいお菓子の一つです。逆にアイスクリームは甘いですが、口の中にとどまる時間も短いため、あめなどと比べると虫歯になりにくいと言えます。

〈タイミングを工夫しましょう〉

甘い食べ物が虫歯の原因になりやすいのは事実ですが、完全に避けるのは現実的ではありません。間食したいときは食後に甘いものを食べ、そして歯磨きをすることが望ましいでしょう。虫歯を作らないために、甘いものを食べるタイミングも考えましょう。

2020-03-17 13:20:08

医院ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop
医院ブログ 小林一茶ブログ